忍者ブログ
    pascal / mboni / whoopi moon calender
2017/03
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >

冬の空気が空高く。


鳥たちがこんなに囀っていたなんて
今まで何を聴いていたのかと思うほど。


最近気づく。


毎日どんなことがあろうとも
音を立ずに時は正確に流れ
夜明けとともに飛び立った鳥たちも
夕暮れにはねぐらに帰る。



Kila ndege huruka kwa ubawa wake

























pascalが縁でもう10年くらいのお付き合い。

当初はだれもが(pascalも龍之介も)想像しなかっただろうと思うと
なんだか不思議な気持ちになるのだけれど
佳ちゃん夫妻(twinちゃん)が訪ねてきてくれた。

その道の途中。
聴けば数々のお城めぐりをしてきてこの田舎へ到着。
そして紅葉のきれいな中 
川でたらい舟に乗り地元のおまんじゅうを食べわが家へ。



私はほとんど写真を撮っていなかったので画像はすべて佳ちゃんからもらって
アプリで加工~~(もう便利だね~これ)
 
+++++++dinner menu+++++++++++
グリッシーニのプロシュート巻き
nuts&grapes
ぎんなん
アーティーチョークのサラダ
なすとズッキーニのグリル
マグロのカルパッチョアボガド添え
ホワイトアスパラガスとポテトのアンチョビークリーム
ボンゴレロッソ
ローストポーク........
++++++++++++++++++++++++++++

田舎を堪能してもらえたかな?
都会人にはこのあたりの夜の暗さが怖いらしい。

私は全く平気だけどね~~。アハハ。

ムボニさんもウーピーも遊んでもらったね!
やっぱり接し方が上手だな。


遠いところ&ばたばただったのにほんとありがとう!








5/12
結婚式に参列した。

花婿花嫁さんの美しいこと。
nats_white.jpg






















顔出しはNGなので後ろ姿のショットで


実は花嫁さんのドレス打ち合わせに2度も一緒に参加した私。
ドレスをはじめブーケやヘッドアレンジなど
色々楽しかった。


こちらはカラードレス。
nats_back.jpg



















このヘッドアレンジのフラワーの素敵なこと!
それもそのはず私の通う教室で頼みました。

本当は式場持ち込みは禁止だったのですが
どうしてもということで手に持つブーケはだめだけど
頭のアレンジならということで特別OKが出てギリギリのところでオーダー。
教室(お店)の方々の尽力により素晴らしいものに…
(ブーケより素敵だった――ホント)

私が着たのはベトナムで作ったアオザイドレス。
しっかり寸法を測ってフルオーダーで作ったもの。
しかしーー!ベトナム滞在時に体調崩して激ヤセした時の寸法だったので
パンツのウエストが…キッツい! 
aodai1.jpg

















黒地にシルバーの刺繍と石が付いている。
モチーフは~~クジャクの羽!!!

これを突っついて引っ張っていたずらする者が約1羽。
mb_aodai.jpg






















私が着ているときも邪魔する邪魔する!

取れてシマワナイカトヒヤヒヤ。






こちらは合わせて買ったビーズで施されたクジャクモチーフバッグ!
red_bag.jpg

















って言っているが当初とにかく
赤いビーズのパーティーバッグを探していたのだ。
結果クジャクの羽のものが見つかり何とも偶然だったのだ。


そして少しアレンジしたのが赤いタッセルをウエストからサイドに
ぶら下げたらどうかな~って思ってタッセルと糸を探して購入。
red_tusseles.jpg

















タッセルと糸(毛糸)は別々に購入したのだが
結構ぴったり合っていてよかった。


頭は美容院とカニは行かず安上がり一気に3分で仕上げ。
ao_dai_dalhia.jpg
















ダリアの黒蝶という花を髪に挿して。
友人に作ってもらったピアスで仕上げ。



顔無し全体像がこちら。
na_aodai.jpg






















足元周辺の演出。
スリッパ姿の私とあぐりっぱの後方足ふみ健康板~w)
そしてウーピーさんのお出かけキャリー兼ダイニングルーム。





多くの人たちの祝福と
多くの人たちの頑張りで
こうして結婚式って行われるんだなと改めて感じた。


ワタシもアオザイの素晴らしさに
ベトナムの思い出がよみがえった。


お幸せに!!!!










 

3泊のホーチミンを後に空港へ向かいダナンへと飛ぶ。

心の中は体調がこのまま思わしくなかったら…
と。。。そのことで一杯だった。

タクシーで空港からホテルへ。
景色はホーチミンとは異なり交通量も少なめ。
klaxonの音もそして粉じんもない。
空き地が多くみられてがらんとしていてこれからまだ間開発される土地が多い。

ホテルにつくとウエルカムドリンク。
hy_tea.jpg






















ジンジャーベースのアイスティ。




ホテルのセントラルビュー。
hy_view3.jpg
















この青い空とホテルに続く海を見ただけで
体調が悪かったらと心配している気持ちがが吹っ飛んだ。

いかにメンタル的に多く作用されていたかわかる。

プールサイドのレストランの昼食もおいしい。
すぐそこの浜辺まで歩いてみた。
hy_view_beach.jpg
















こんな細かく白い柔らかな砂は
おそらく初めてじゃないかと思うほど
美しい砂浜。。。。


ホテルの送迎で ホイアンとう街へ…
hoian.jpg






















提灯が有名らしくどの店先でも飾られていた。
オーダーメードのショップが多く友人は5本もパンツをオーダー。



こちらはスパのエントランス。
hy_spa2.jpg








 













ホテルの名前が
ハイアットリージェンシーリゾート&スパ
というだけにスパがココのホテルの一押しなんだろう。



アロマストーン全身マッサージに加え
フェイシャルマッサージをたっぷり3時間近くのコース。
hy_spa1.jpg






















この中庭を超えて1人に対して
バスルーム・トイレ・パウダールーム・エステルームが
1つのユニットになっている場所へと移動。

本当にリラックスできた贅沢な時間。
こんな事めったにできないから少し奮発。


こちらは夜のBBQイベント。
DJがビーチサイドで繰り広げる音楽に合わせて
光の演出もされていた。
hy_djnight.jpg





















本当においしかったラビオリ。
hy_raviori.jpg
















ホウレンソウとたぶんリコッタチーズのスタッフィング。
トマトソースにたっぷりのパルメザン。
私のおなかが生き返った~~。




ダナン市内の橋。
danang_bridge.jpg
















ダナンには建設中の橋も含め
1本の川にいろんな綺麗な橋が架けられている。
ちょうど龍を形どった橋は私たちがダナンを経つ次の日に開通すると
帰りの空港へのタクシーの運転手さんがいろいろ話してくれた。
どうやらその日は終戦記念日と重なっていたようだ。

ホーチミンではわりと日本人を見かけたが
ここダナンではおそらく日本人とは会わなかったような気がする。


ホテルのエントランス夜景。
hy_view2.jpg






















ホテルの素晴らしさは勿論の事
忘れてはいけないことは
ホテル内で働いている人たちの
ホスピタリティには頭が下がるほど
笑顔で丁寧 心温まるものだった。


朝早くから夜遅くまで一生懸命に働く姿。

そこには日本人がどこかに忘れてしまったかもしれない
純朴さが彼らにはある。


友人と空港で別れ私は3時間以上も1人でフライトをただひたすら待った。


ベトナム。
異国の地。

過去の悲しい歴史ゆえ発展途上の国。
その原因は少なからずも私たち日本人にもある。
街角には戦争がもたらした貧しさを目にすることも少なくないが
この国は活気にあふれ人々はたくましく毎日を生きている。

さようならベトナム。


でもまたきっとこの地に戻ってきたい。

___________________________________________________

オマケ
日本の空港に無事到着しあと少しというところ。

皆がなにもチェックなし即パスなのにワタシ1人だけ税関で止められた。
この旅行の経緯をあれこれ聞かれ説明する。

ベトナムから女一人で帰国。
よほどワタシが怪しく見えたのかスーツケースの中を穿り返された。

何も出てこないのにと心の中で連呼。
異常なかったのを確認した後 すみませんでした・・・の一言。
まだまだ怪しい人を見極める修行が足りないのでは…? 
ワタシは一応善人ですから。 苦笑)


____________________________________________________


ほ~~んといろんな思い出ができた。


thank you vietnum and carolyn!





 
ベトナムに1週間行ってきた。

オーストラリア時代の友人と現地待ち合わせという
一人で公共交通機関を使うのが大の苦手ときているのに
一気に海外へ一人脱出とワタシにとってはなんとも無謀な計画。

心配で心配で・・・
おまけに同じバンドのメンバーがベトナムツウでいろいろ前情報くれたのだが
それがどうして怖いことばっか言う。

でもこうして無事帰国した記念に少しblogでもアップしようと思う。

先ずホーチミン空港に降り立ちオーストラリアからくる友人の便が到着するまで
2時間弱ただひたすら動かず椅子に座って待っていた。
空気はム~っとして排気ガス臭く機内で飲んだシャンパンがたたって頭が痛い。。

そして久々の再会~!
タクシーのぼったくられないようにホテルまで。。

hochiminh.jpg

















聞いてはいたものの
とにかくバイクの多さにびっくり!
車の台数よりはるかに多く信号守らないと来てるので
道路を横断するのも命がけ。
でも3日もいればこつもわかり渡れるようになった。

nw_view.jpg






















hotelからの眺め。

とにかく騒音と排気ガスそして路上のナンプラーの匂い。
これらが混じり合いホーチミンの活気があふれる。

でも・・・・体調が2度も崩れて辛かった。。。
ワタシには強烈過ぎるわほーちみん。

決まって朝6時から大音量でエクササイズがすぐ隣の公園で始まる。

ho_building.jpg






















体調も良かった2日目。

市内ショッピンング。
この建物はなんだったのか・・・・


ホーチミンではネイルやマッサージ。
そして民族衣装のアオザイをオーダーメード。
これはよかった~~。

nw_pool.jpg
















ホテルのプール。

久々に泳いでいい気になってたらそのあとまた体調が…。

ホーチミン最後の夜ホテルロビーへ戻ってくると
キャンドルがともされfree dirnkが!!
粋な計らい~~~ って後になって気が付いたのは
世界中同時に試みるキャンドルナイトの日だったと。
でも素敵だった。


ホーチミンには活気がある。

人々は路上で食事をし歓談し毎日を一生懸命生きている感じ。


いろんな意味ですごい都市だ。


以前はサイゴンと呼ばれていた名残がいろんな名前に見られた。

サイゴン という響きの方がなんとなく好きだ。


_________________________________ ダナン編につづく。














 

『4月は残酷極まりない月だ』

・・・という言葉から始まるT・Sエリオットの詩が好きなのは
たぶん4月はなにかと起こると無意識に思っているから?
(正確には3-4月)


まずは背中の筋肉痛(寝違いみたいなの)にはじまったのが
日曜日で首は回らないわ 動くこともままならず
情けない1日を過ごした。
翌日少し楽になったと思ったのもつかの間。
吐き気と熱。…最悪。

・・・・でやっと楽になったが今日の相変わらずの
不毛の研修はつらかった~~。
んで明日もあるのだ研修が!

春はメンタル&フィジカル両面で不安定になりがちな季節。
皆さまもどうぞご自愛ください。


前回更新したのはもう1か月以上も前!?
シミ取り物語。
その後先生の許可も出て(半分無理強い)
待望の第二弾!! (ただ単に2つ目のシミ取り) をやってきたのが先月末。

昨日お風呂上りにかゆくて無意識のうちにひっかいてしまった。。
血が出た。

前は頬だったのでムボサも来なかったが
今回は頭からやってきやすいおでこのしみだったので・・・

↓ ↓ 御覧の通り。。


mb_shimi.jpg

















剥がしに来るのでうっとおしい。



1度目の頬の時の絆創膏よりも
顔の中心に位置する今回のおでこの絆創膏は
目立つので恥ずかしい。。


「顔から転んだの?」と言われた。
そしたらもう1人が 「手もつかずに転ぶか?」 と言った。


どうとでもいってくれ~! 爆)









 

いつものように・・・・

蛇口をひねれば水が出る。
スイッチを押せば電気がつく。

温かい食事も
温かい寝具も
温かいお風呂もある。


普通に生活を送ること。

その意味。


自分自身ナニができるのか・・・を考える。



________________ 安否不明者の方々へ一刻も早い救助の手が届くこと・・・
                     そして亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。





PROFILE
HN:
nao (naaron)
HP:
性別:
女性
職業:
アマチュアボクサー
BAR CODE
SERCH
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]

PR