忍者ブログ
    pascal / mboni / whoopi moon calender
2017/12
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >

人生初の歌舞伎に行ってきた。
友人からのプレゼント。

それも初日で席もよくて貴重な体験となった。


鳥 素敵~~。

午前中の部がおして午後の部4:30回円が大幅に遅れ
京都南座の前はすごい人でごった返し。

なにからなにまで初めてのことで戸惑い&新鮮。
松本幸四郎さんや片岡仁左衛門さん豪華面子が勢ぞろい!!!
いつもテレビの中に人たちがすぐそこで演じている姿を見ながら・・・
合いの手の気持ちよさ!


4つの演目の中1番よかったのは最後の 「爪王」


悪い狐をやっつける鷹の話。
ココでも鳥!
狐は中村勘九郎 鷹は中村七之助 中村兄弟。

鷹の衣装のすばらしさに驚く。
真っ白な着物に羽根のカーブを型どった金の刺繍の見事なこと。
それにもまして女形の身のこなしの美しさ・しなやかさ。

狐との戦いの場面は三味線や〽いとのリズムもぴったりで
さすがは中村兄弟。
勘九郎さんはお父さんにそっくりだ。

そして最後は舞台一面花吹雪。
圧巻の最終演目だった。
写真がないのが残念。。。

まさに息をのむ…とはこのことを言うのだろう。






画像1枚目のパンフレットの表紙は鳥だったのは・・・
作者はこちら。。


なんとも偶然か。。。
鳥鳥鳥~~~

友人からのサプライズプレゼントがなかったら
もしかしたら歌舞伎を知らないままでいたかもしれないと思うと
本当によかったと思うわけだ。
イヤフォンでの音声ガイドに導かれ
時代のタイムスリップ。


そして・・・

ファンになってしまいそう。。。








コメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
良いな~。歌舞伎。
私も一度見てみたいわ。
日本の伝統文化、日本人が知らないって、ある意味恥ずかしいかも。
何でも「続ける」って大変だよね。
でも続けてる人の美しさは付け焼刃じゃないからほんとに綺麗。
2014/12/05(Fri)14:10:01 編集
佳ちゃん~
たまたまチケット譲ってもらっていかないかってことで
こんなことでもなければもしかしたら一生いかなかったかもしれないな~~って思ったりもしたよ。

日本独特の文化や芸能。
考えてみたらけっこう日本が好きで古民家なんかに住んでいる外国人の人たちのほうが
結構その方面のこと知ってたりするよね。

そして~~~まさに継続は力なり。
歌舞伎なんて特に華やかに見えるから
それだけか目につきがちだけど毎日毎日日々稽古なんだろうね。
世襲ならではの苦悩もあるだろうし…

um...深いね。
nao URL 2014/12/05(Fri)17:01:10 編集
私は、
人生二度だけ〜〜。
1回目は学生の時の研修だったかな?
その時は全然興味をもたなかったのに、
2回目、海老蔵ファンの義母と行った時。
涙流すほど感動して観たのを憶えてる。
感性というものは、どんどん成長?進化?していくものだね〜。

しかし、悪い狐をやっつける鷹の話。
これは、私も是非観たい!
特に鷹の衣装?(笑)

中村七之助さんは、
ラストサムライで明治天皇役を演じたので憶えてるけど、
↑これしか知らない?(汗)
良い役者になったんだろうね〜。
これからが楽しみだね。
zon 2015/01/09(Fri)11:46:12 編集
ぞんちゃん〜〜
歌舞伎デビュー。
はやかったんだね===
でも2度目。。。涙が出る。。。それは素敵だね。
芸術ってすごいね。

でもほんとこの爪王は圧巻だった。
鳥っていうところが見ながら
ゾンちゃんに見せたかった〜〜って思ってた。
衣装もて指の先までの動きも素晴らしかったよ。

中村兄弟はお父さんを亡くしてから
本当に頑張ってるって感じがして胸を打たれるね。
以前は遠くにしか感じなかったけど
これをきっかけになんか短に感じるっていうのかな。
あつかましいけどなんか好きになったよ。
特に七之助さん===、
爪王。
いつかみて!!!
nao URL 2015/01/10(Sat)01:09:55 編集
PROFILE
HN:
nao (naaron)
HP:
性別:
女性
職業:
アマチュアボクサー
BAR CODE
SERCH
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]

PR