忍者ブログ
    pascal / mboni / whoopi moon calender
2017/11
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >

お花教室。
最近月1回のペースでしか行けていないけど・・・

テーマ:ユリをいける
使用花材:ユリ ファウンテングラス  レースフラワー  ピンポンマム  スカビオサ
     ニゲラ  ステルンクーゲル  ユウギリそう  オクマシード ルピナスシード
     カモメツル




教室には目の覚めるようなピンクのラン。







ユリの花は蕾。
咲いた後のフォルムを想定しながらアレンジする。







咲いた〜(家で)









残念ながら日持ちしなかったアレンジ。









お風呂に入りながら思った。(今夜は長文です)

今までアイドルや人気俳優 有名人などにほとんど惹かれたことはなく
そういう人たちに夢中になり生き生きとキラキラ輝いている人たちを
横目で見ながら心の中で羨ましいと思ったりしたことも多々ある。

もしかして・・・私って人間に興味がない___???
(イエイエそんなわけはないのだけれど・・・
  と思ったら今まで1度だけそう言われたことがあったのを思い出しビクッとした)


それはさておき。
そんな私に今回そういう注目の人がとうとうできたのだ。(ほんの数日前)
お風呂の中で改めてそんな自分にびっくりしていた。
(私はお風呂の中でアイデアが出てくるというか頭がフル回転する性質)

始まりはtwitter。
自分ではつぶやかないしフォロー&フォロワーも少ない。
主に美容・音楽情報 そして愛する動物たちのツイートを見る専門。
そんな中フォローしている人がリツイートしている高須クリニックの
そう敬意を込めてかっちゃん(と勝手に呼ばせていただきます)のツイートに目が止まる。
そしてかっちゃんのアカウントに飛びそのままフォローさせていただく。

それからの毎日(と言ってもほんの数日前からだけど / 前出) 
かっちゃんのツイートを目を皿のようにして探している。
あの満面の笑みを見るたびに元気になりツイートを読んでなるほど〜とpcの前で頷く。
ここ数年個人的に結構きついのでかなり助けられている私なのだ。

高須クリニックは言わずと知れた美容整形外科だが
新たに知った高須病院というものすごい規模の総合病院。
(ここでかっちゃんに診ていただきたいものだ。無理だけど)

そして西原さんという漫画家(誰もが1度はどこかで目にしたことがある)の存在。
そのつながりでamazonでダーリンは70歳・71歳の本に行き着く。
口コミを読んでいて ん〜〜これは読まねば! と思っていたら・・・・
目に入ったのは200を超える口コミがある作品。

「高須帝国の逆襲」 これにしよう! と決心したのもつかの間・・・
1週間で絶版。。。中古品は値段が跳ね上がっているのだ。
あ〜〜残念。。。こうなると欲しくてたまらなくなる。

とりあえず本屋に行き70歳から読もうと探した。
漫画 小さい頃に付録目的で少し読んでいたがそれ以来読んだことがない。
本屋の漫画コーナーにいる自分にちょっと変な感じがした。
ありましたありました!70歳&71歳。 ん___???何???
絶版の本?? アルーーー!!!これだけビニールかかってるし。
ひゃ〜この本屋さんすごい!とばかりにいそいそと1冊手に取りレジへ。

家に帰り読もうと思って表紙をよく見ると。。。
「高須帝国より愛をこめて」 だった。
逆襲も愛をこめても黒い表紙なので間違えたというわけ。

でも私も本当馬鹿なもんだ。
絶版になり残念ながら撤収されたものがあるはずもない。
考えればわかることなのに黒い表紙を見ただけで舞い上がってしまったのだ。
ほんの一瞬がっかりしたが早速読み始める。
(漫画は少しだけでほとんど活字・かっちゃんの文章でいっぱい)



一気に読み終えた。
ロバに麻雀 土俵にアパホテル。
サッカー ヘリコプター 脅迫状・ヨルダンにばあちゃん。
そして空白の1年。
激動の時間の中 どこまでも突進していく姿に勇気をもらわないわけがない。

ますますかっちゃんが好きになった。



ということで・・・次は70歳だ!!!





晴れたには晴れたが・・・風が半端なく強い日曜日。

家人は弁護士に会いに行ったため(なんだ何だ!)に〜〜さて何しよう。
嫌いな食料品の買い物〜新聞雑誌を適当に紐でくくって。
黄砂に悩まされている紺色の車の洗車をしていたら・・・
こんな洗い方ではあかん と家人2に言われてちゃっかり手伝ってもらう。


ただいまバラの季節が終わり・・・(写真撮り忘れ)
ディルの花がもう満開状態。
去年種になってきた花の枝を切って適当に地面に転がしておいたら・・・
東側の狭くドライなけっしていい環境とは言えない場所にびっしり!!!
風に吹かれるその様はとても優雅。






花瓶にもさしてみたが今までで最高にでかい花。
マクロでも撮ったよ。(100円)






群生していたローズマリーもカットしてドライにすること約1ヶ月。
枝からはをしごいて(これでずっとオネエさん座りをしながらやったせいで膝が痛くなった)
大量のドライをお茶パックに入れること約1時間。
相当たくさんのサシェ(と言ってもリボンも何もないお茶パック)ができた。



靴に入れたりクローゼットに入れたり。
友人にもおすそ分けしよう。



爽やかな5月もおしまい。

梅雨の季節がやってきます。









普段ドラマを見ることはあまりないので
連続して毎回楽しみにしている番組がない。

ドラマで楽しみにしていたものは(どれも終了)
10代の頃は 名探偵ポアロ 笑
オーストラリア時代は メルローズプレイス ER
最近は ナースジャッキー デスパレードな妻たち ゴシップガールに・・・植物男子。


それらも終わってしまいなんにも無くなってしまったのだが・・・

「ダウントンアビー」 に出会って以来かつてない虜になってしまった。





見始めたのはシーズン5から。
遅れを取り戻すべくスカパーでシーズン1からやっているのを見て
録画をして観始めていたけど
あまりのスローペースに待ちきれず
レンタルでdvdを借りてきてもらい一気に観た。

とにかく登場人物の個性がそれぞれにとても濃く
キャストもこの人こそ・・・と思えるのはなんでだろう。
美術も素晴らしく重厚でその時代の貴族の生活が見て取れる。
名セリフとその仕草に圧倒(クスッとさせてくれるし)されるのはグラニィのヴァイオレット。
そしてなくてはならない存在なのが執事を始め従者に下僕・メイド キッチンスタッフ。
それぞれがそれぞれにふさわしく誇らしい。


NHKでも放送しているのだが吹き替えなのがちょっと残念だけど・・・
でもその吹き替えがほんと実際の俳優の声の限りなく近いのだ。
なので字幕で見ても吹き替えで見てもイメージが崩されることはあまりない。
(デスパレードの萬田久子にはイメージが・・・・)


シーズン1〜5まで見てきたが5はなかでもお気に入り。
人間模様というか人との関わりがじんわりとくる。


さてラストとなるシーズン6がいよいよ始まる。





メアリーの亡き夫 マシューはなんと今まさに封切られた実写版 美女と野獣のビースト役!!








続いてインテリア。

以前からいるアグリッパに加えて ミロのビーナスが来た。






父の50号のカラスウリの絵を額縁に入れて階段下に。
狭いのだけどちょっと森の中にいるような雰囲気に。
額を選ぶのに約1時間 2週間ほど仕上がるまでドキドキだったが
これにしてよかった。






階段の絵も数枚増えたためにバランスがくずれ
一から掛け直し。。。






インテリアはいい。





ブログを書く気にもなかなかなれなかった数ヶ月。

春になり花もインテリアも動き出し私も少しずつ動きだし。

まずは花をまとめて・・・・




ビカクシダも外へ移動 レモイネイ
大きくなり葉色が美しい。




ビフルカツム すごい群生になってきた!

    
 






今年はチューリップの球根を大量!!!(100球くらいあったと思う)に頂いたので
友人と分け合って植えたのが満開に。
色がわからなかったので咲いてからのお楽しみだった。

 






花が終わって・・・花びらをピオニー(大好き)の花びらと一緒に。







新しくお目見え1。
ニューサイラン。耐寒性強い。





新しくお目見え2。
ワトルの種類でブルーブッシュ。
葉の形が独特。普通のワトルよりも花期が遅く今満開。






そして贈り物のダリアのアレンジ。
元気をくれた友人へ・・・ありがとう!
ピカソの元に。

 







花はいい。




続けてお花教室。


テーマ:??? 書き忘れ
使用花材:スイトピー チューリップ えんどう豆 ムスカリ あと??




選んだチューリップはバーガンディーカラー。






先生の作品。





地面に咲いている花々をイメージ。




春本番。







  
PROFILE
HN:
nao (naaron)
HP:
性別:
女性
職業:
アマチュアボクサー
BAR CODE
SERCH
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]

PR