忍者ブログ
    pascal / mboni / whoopi moon calender
2017/07
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >

今回のヨウムの乱獲を阻止する運動を経て
思いをいろいろめぐらせてみると…

ヨウムという鳥の存在を zonちゃんち にお邪魔した時に
借りてきた alex と 私 という本だった。

なのでヨウムに関してはかろうじて知識はあったものの
それがなかったらヨウムと聞いてもピンとこなかっただろう。

picasso5.jpg











さてfacebookのほうで記事を挙げたのが昨日。
piccasoの5連の絵↑をIKEAで買ったのだが
そこには以前飼っていた犬(ビーグル・ハウンド系)をはじめ
ペンギン・フラミンゴ・小鳥 そして馬が描かれている。
残念ながらwhoopieさんの兎はなかったのだが
その記事にzonちゃんがたった一言 『piccaso!』 とだけコメントしてくれた。
もっとも以前からpicassoの話は一緒にしていたので
彼女はそこに気づいてくれると思っていたのだけど
ワタシにしてはちょっと腑に落ちないでもなかったのだ。
通常zonちゃんは数行のコメントしてくれることが多いのに今回は一言だけ。。。

これには彼女の気持ちが込められていたのではないかって思わせてくれることが今日あったのだ!
それは今日届いた2冊の本。

2books_zon.jpg


















1冊は2日前誕生日を迎えた天国にいる愛犬pascalの本。
天国に行った後の犬のことを素敵な絵とともに描いた絵本。
book_of_dog.jpg



















さてもう1冊は何を隠そうピカソの本だった。
これらの本はなんでもzonちゃんが以前からワタシのために用意してくれていたそうで
昨日FBにpiccasoの絵をupしたワタシの記事を読んでzonちゃんは驚いたって手紙に書かれていた。
で…今日は宅配のおじさんから受け取って・・・・今度はワタシが驚いた。

piccaso_book.jpg

















「いぬはてんごくで・・・」 を読みながら
pascalを思い出して涙涙~~。
そして 「piccaso!」 の一言に込められた気持ちを思ってまたまた涙。
ピカソにこんなかわいい親友がいたことも知らなかったよ。

添えられたニコちゃんカードにその思いも綴られていた。
滝涙))

本を介してのつながり。。。

ここでもう一つ!
東京へ出張していた友人がお土産に買ってきてくれたのが
鳥の刺繍が施されたbook cover
bookcover.jpg

















なんとなんとここでもつながってるわ~~。
彼女はヨウムの署名もしてくれた。ありがとう!


人と人の…物と物との
つながりはどこでどう絡まってどこでどう解けて
それらの糸の両端がつながるかはわからない。

けどこういったつながりというものは
本当にうれしいものだし大切にしたいものなのである。


※撮影中 ごらんのとおり邪魔者が来て
 本に2ヶ所ぷっちりとやってくれました・・・ごめんねzonちゃん。

 
そしてありがとう!!!
本はいいね~ 今夜彼が寝静まったらもう1度じっくり読もうと思う。





 
コメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
なんと〜!!!
すばやいっ!
忙しいのに、わざわざブログにて、
思いを語ってくれてありがと〜。

こうやって直ぐに響いてくれるのって
とってもうれしいよね〜。
感性や価値観を共有できる友って
なかなか巡り合わないもの。
naoちゃんとの出会いのきっかけはブログだったけど、
こうやってonでもoffでも続く絆となって今も繋がっている。
私が初めてココを訪れた時にピンときたものは
間違いなかったね。

「いぬはてんごくで・・・」
Pascalを思って送った本。
涙は・・・・・うん・・・・
でも・・・読んだ後、心が優しく、あったかくなる。
絵もアーティスティックで美しい。

「ピカソはぼくの親友なんだ」
知らない人は多分いない?芸術家。
いつの時代にも人々を魅了し続ける絵は
こんな人柄にあったのかもしれない。
いくつになっても純粋無垢。
子供とこんなに対等に、信頼関係を築ける人。
きっとどんな生き物に対してもそうだったんだろうね。
人にしろ、動物にしろ、何にせよ、
その対象の真の姿を鋭く見抜く目!
すごいね〜〜。彼の作品に表れている。
ピカソから学ぶことは多い。

東京出張の友人のお土産もまた
ブックカバーとは!
なんてまぁ〜
不思議でステキな繋がり。
幸福を呼ぶのも、素晴らしい縁や繋がりを呼ぶのも、
全て自分次第。
その源にはnaoちゃんの人間的な魅力があるのだと思う。
そんなnaoちゃんと出会えたzonは幸せものです。(#^.^#)

ところで・・・
どの写真にも、
ムボっちゃんがしゃしゃりでてくるのが、いいね〜
さすがっ=3コザクラっ=3
空気読んでる?(まったく読んでないってか?(^◇^;)
zon URL 2012/08/03(Fri)14:50:09 編集
zonちゃん~~!
なんだか一時blogの具合が悪かったみたい。。

さっそく見てくれてありがとう!
いろんなところでいろんな想いが
linkしてきてうれしい驚きになるって
ホントに最高だなって思った。

ランキングtopをゆくzonちゃんがこのマイナーblogを見つけてくれて
改めて感謝とその偶然のすごさに驚いてるよ。
ピンと来てくれて!!!!!

いぬはてんごくで・・・・
ってひらがななのもいいね。
たまにこの家にも上から降りてきて
チェックしてるのかもしれないなぁ。笑)
mboniさんを飼うきっかけはひーちゃん同様
かわらひらちゃんを保護したためだけど
空のケージを眺めてたら天国からpascalが
「迷ってないで鳥飼ったらいいよ~」
って言ってるような気がしてね。
そして今彼は天国で家をもらったんだね~。

ピカソの話。
芸術家って世の中からはみ出てる感があるでしょう?
比類なきっていうべきか…
だからそういう突飛なところが
世間一般の枠の中にはまりきらないときが
今よりも以前の方が頻繁に起きてたんだろうね。

まさに純粋無垢。
俗世間に混ざることのない部分っていうか。
そんな彼の友達は彼の心を作品を通してみていたのかも。
かみつかれたらかみつき返したピカソは
トニーと同じ目線。笑)

いろんな面白いものを作り上げる人。

ピカソの作品に鳥が多いのは
なぜなんだろうって考えてみたりもした。
絵本の中の写真を見るとセキセインコみたいだね。

鳥のブックカバーもかわいいのよ。
その友人は鳥はイマイチ苦手なんだけどね。
でも署名もしてくれたしほら・・・
クリスマスには鳥のオブジェもくれたんだよ。

共有できるってホント素敵だね。

そして・・・・ピカソとワタシタチノ共通点!

それは鳥の糞を気にしないこと!!!

zonちゃんありがとう!

nao URL 2012/08/03(Fri)16:43:21 編集
無題
ブログ読んでて、どんどんと目が見開いていって、最後はまん丸くナッチャッタヨ。
FBのほうも見てたからね。
ふたりが、どんなに驚いたかわかるからね。
あのね、どこかでみたんだけど2012年は、あちらこちらでシンクロが起こりやすくなるって。
のりちゃんのまわりでも実際そんなことがいっぱい起きてる。
zonちゃんは、いっつもこころで会話できるようなとこあるからね。んふ~
のりちゃん 2012/08/04(Sat)02:24:44 編集
のりちゃん~~
シンクロが世界で起きるってかっ!?
そりゃすごいねぇ。

でもさのりちゃんはすべて経緯を理解しててくれてるから
説明いらないね~~!やったーーー!
何気なしにpiccasoの額をupして
zon子ちゃんの一言コメ。。。
???
次の日の朝。
あっれ~~~!picassoが来ちゃった!!

pascalの話ものりちゃんともしてたとこで
てんごくの犬の本。

まぁびっくりしたよ。

のりちゃん。
みんな元気でいるかな?
今わけもなくワタシの後悔を思い出した。

zonちゃんを通じてのりちゃんと知り合えて
遠いからすぐには会えないけど
いつか逢えるからって思ってた矢先の
のりちゃん一家のアメリカ移住の話を聞いて
激しく後悔。。。
何で逢っておかなかったんだって!
でも一時帰国時に会えてホントうれしかったな。
もうすぐあれから1年たつね。
nao URL 2012/08/04(Sat)15:54:30 編集
PROFILE
HN:
nao (naaron)
HP:
性別:
女性
職業:
アマチュアボクサー
BAR CODE
SERCH
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]

PR