忍者ブログ
    pascal / mboni / whoopi moon calender
2017/10
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >

ヨウムを救うため乱獲を阻止する署名運動(前記事参照)が
昨日10000を超えました!
ご協力いただけた方々に深くお礼申し上げます。

署名締め切りは23日でしたが27日まで延長されたということで
さらに多くの心ある方々からの署名を待っています。



下記、URLにアクセスしてください。
http://www.change.org/petitions/urgent-petition-tell-cites-to-suspend-trade-in-african-grey-parrots


ここにアクセスして名前・住所・メールアドレスを記入するだけでOKです。

ヨウムという感情豊かな鳥たちを救うことが
今回の目的ですがそれはどんな動物でも同じことです。
世の中には人間のエゴによって不幸な運命にある動物たちが後を絶ちません。

そういう意味においても
今回の署名運動で私自身多くのものを得ました。

1番初めに↑のサイトを開いた時には
ヨウムたちのあまりにも悲惨な画像に目をそむけました。
しかしこれは私たち人間がしているこの現実。
目をそむけている場合ではない。
何度もサイトを更新して何票集まったかみてみる・・・。

鳥友達~いろんな友達に呼びかけて
ちいさな1票1票が今こうして大きな力になりつつあります。

そしてうれしいことに集まった署名の中で日本からの署名が
2番目に多いこともわかりました。

まだまだ署名活動続行中です!
皆様よろしくお願いします!

そして素晴らしい鳥・・・・ヨウムたちがんばれ!


そしてみんなありがとう!





コメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
あと3日!
私も多くのコトを学んだ。。。
いや、今更のように気づかされたのかも。。。
鳥を実際飼っている方は多かれ少なかれこの状況を聞いた時、
ちょっと後ろめたい気がしたんじゃないか、と思うんだ。
実際私がそう。
でも、そうやって悩んでるのを察してか、
「この子ここにいていいの?」の疑問に、
こんなことをいってくれる友人(N)←わかるよね?がいてね。
「みんな自分の愛鳥がいなかったらこんなにも野鳥、自然のこと考えなかったかもしれない」って。
ほんとにそうだって思った。
人間に飼われている鳥たち、動物たち・・・ニコやミーチに出会わなかったら
こんなにも自然や動物のことを真剣に考えることはなかった。
そういう意味では彼らは人間界に送り込まれた神の使いとさえ思えてくるんだ。
ほおっておいたら野蛮で直ぐに争いごとや戦争を始めて
自然を我がモノの様に私利私欲のためにむさぼり尽くす人間。
そんな人間に本来の優しい心を呼び起こさせるためにはなくてはならない存在!
なんだか、そんな気がしてきたの。

それとこれはもう一人の友人(M)←分かるよね?(^◇^;)。
結局、動物が可愛い過ぎるって(*^m^*)
ほとんどの飼われている鳥さんたちは愛情たっぷりで幸せそのもの。
アフリカやオーストラリアにいるより幸せなんじゃないかと。
人間はみな煩悩まみれの生き物。アフリカなど発展途上国の人も責めることはできない。
だからこそ法律や条約が不可欠でそれも人間の気持ちひとつ、愛ひとつで変えていくことができる。
人間は毒にも薬にもなるのだから、人間に生まれてきた以上、
弱きものを守る人間の尊厳を大切にして
「生き物は責任持って飼う」そこにつきるのではと。

こちらもまさにその通りで、今回の件ではいろいろなことを考えたし、
周りの友人の有り難みをとっても感じた。
遠く離れていても、鳥を通じてキモチが一つ。
改めて深く感じた。

naoちゃんいつもありがとう!
私にとってnaoちゃんはとっても大切な友人です。
zon URL 2012/07/24(Tue)19:16:17 編集
zonちゃん~~
全くそうだよ~~。
1つのことを突き詰めていくとどこかでジレンマを感じたり
摩擦が生じたり…いわゆる多かれ少なかれ困難にぶち当たる。

今まで署名をしてきたことは多々あれど
ここまで考えそしてライブ感を感じながらした署名はなかったなと思うわけで。

zonちゃんも・・てらきんも多くの愛鳥家たちがいろいろなことを考えただろうなと思った~もちろん私も。

ずっと前にワタシがpascalを飼っていた頃
動物を飼うことは人間のエゴだって話していた人がいたのね。
その人は決して動物嫌いとかではなくて
鎖をつけて飼ったりすることは(放し飼いがいいという意味とは別)
鳥の場合には鳥かごに入れて…は人間が勝手にやっていることだって。

その人の言うことを100%理解できるかといえばそうではないけどある意味間違ってないから。。。
そしてアフリカはナミビアの地に生まれたコザクラインコ。
気持ちが錯綜したよね。

Nちゃんのいう言葉は人をふっと楽にしてくれる。
Mちゃんもそう。。笑顔になる。

こうしてワタシタチは今動物を飼って(共存して)いて
動物の数分の出会いを果たしたわけで
その出会いというものは必然だったんだよね。
彼らも今こうして一緒に生活していてうれしいと感じているとワタシは疑わない。
でも青い空を飛びたいと思っているかもしれない。・・・わからないけどね。
だけど今があるからお互い人間も鳥も
いろんなことを想い感じそしてそばに寄ってきてくれて
そのぬくもりを肌で感じていることがすべてだと思うんだ。

zonちゃんの言うように彼らの存在がなかったら
今までどれだけの価値のある者たち(人間・物)に出会えなかったことか!

だからほんとだね!
最後まで責任を持って1つの命を大切にすること。

世の中不幸な生き物たちがいっぱいいる。
今度こういう署名するケースに出会ったら
今までとは違った気持ちで臨めそうな自分がいるよ。
もちろんどんな生き物に対したって!

それものりちゃんがこのことを教えてくれたことから始まり
zonちゃんの行動の速さ・的確にわかりやすく多くの人たちに伝えてくれたこと。
birdsのみんなの行動や気持ち。
それがもっと広がっていったのを実感できたという賜物!

みんな鼻息荒いぜ! 爆))

ありがとう!zonちゃん。
本当に心の友だよ(birthdayにくれた言葉ずっと忘れない)
nao URL 2012/07/24(Tue)22:03:28 編集
PROFILE
HN:
nao (naaron)
HP:
性別:
女性
職業:
アマチュアボクサー
BAR CODE
SERCH
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]

PR